Claris FileMaker Server 19 のサーバー並びに互換性について

お世話になっております。
株式会社エヌ・ケイ・カスタマイズの久保でございます。

Claris FileMaker Server 19が発売されてから一か月が経とうとしております。

表題にも明記しておりますが、
“FileMaker Server”という製品名から”Claris FileMaker Server”に
変更になりました。まだまだ知らない人は多いのではないでしょうか。

今回は、Claris FileMaker Server 19のサーバー並びに互換性について
記載して参ります。

Windows Server 2019 “正式”に対応となりました。

Claris FileMaker Server 19では、Windows Server 2019 に正式に対応となっております。
一方、Windows Server 2012 でのサポートが終了となっておりますので、
皆様、お気を付けくださいませ。
2012をお使いの開発者様は、管理会社等にお問合せしてみるのがいいかと思います。

Windows Serverでサポートされている対象は、以下となります。

  • Windows Server 2019 Standard Edition
  • Windows Server 2019 Datacenter Edition
  • Windows Server 2016 Standard Edition
  • Windows Server 2016 Datacenter Edition

macOS版のFileMaker Server 19については、
macOS High Sierra 10.13がサポート対象外となっております。

サポートされるバージョンに注意が必要です。

FileMaker Server 19でサポート対象となるバージョンは、

  • Claris FileMaker Pro 19
  • FileMaker Pro 18 Advanced
  • Claris FileMaker Go 19
  • FileMaker Go 18
  • iOS App SDK 19or18を使用して作成されたiOSアプリケーション
  • Claris FileMaker WebDirect

となっております。

バージョン17のFileMaker Pro AdvancedやFileMaker Goからは
接続できなくなっておりますので、ご注意ください。
 ※サポート対象外ではなく、接続不可です。

最後に

Claris FileMaker Server 19 では、まだ記載していない様々な新機能が実装され、
便利になった一方で、「サポート対象外」や「接続不可」など、
注意が必要な点もございます。

新規バージョンでの顧客獲得や開発の際には、
十分にご注意くださいませ。

Follow me!