第87回 FileMaker Server へのアップロード

こんにちは! エヌ・ケイ・カスタマイズの大村です。
先日、コロナワクチンの3回目の接種をしてまいりました。ちなみに交互接種となりました。
私は、1回目も2回目も、ほとんど副反応がなかったのですが、今回は38度弱の熱と関節痛、多少の倦怠感が出ました。まー、比較的軽い部類で済んでいるようです。引き続き、感染対策に気を付けて、自宅にこもって冬季五輪でも観戦いたします!

さて今回は、FileMaker Server に、カスタムApp をアップする手順を見てまいりましょう。

共有の準備

ファイルをアップロードするための準備として、まずは、ファイルにセットされたアカウント(アクセス権セット)やセキュリティの設定を確認ておきましょう。こちらの記事(第83回 セキュリティの設定)をご参照ください。

そのうえで、前回も確認しました、「拡張アクセス権」を再度、確認いたします。

前述にて、

  特に重要なのは、ファイルを共有する場合に必要な「fmapp 拡張アクセス権」です。

と述べたのも、この機能にチェックをつけていないと、共有されているファイルへ接続できないからです。

第86回 拡張アクセス権とカスタムAppの共有


fmapp 拡張アクセス権を確認する

  1. [セキュリティの管理]ダイアログを開きます。
[セキュリティの管理]ダイアログ

  1. アカウントのfmapp 拡張アクセス権を オン にしましょう。
    • 「Admin」アカウントをクリックで選択します。
      (今回は「Admin」アカウントですが、使用するアカウントすべてに設定が必要になります。)
    • [アクセス権セット:]の右の鉛筆アイコンをクリックします。
    • 「FileMaker ネットワークによるアクセス」を オン にします。
    • [OK]をクリックします。

アクセス権セットの編集


ファイルをサーバーへアップロードする

ホスト(共有)するファイルをFileMaker Cloud やFileMaker Server へ持っていく(「アップロード」する)機能がFileMaker Pro に用意されています。

ファイルをアップロードするには、次のとおり、FileMaker Cloud および FileMaker Server それぞれにアップロードが許可されたアカウントが必要です。

  • FileMaker Cloudの場合、チームマネージャのアカウントでサインインする必要があります。
  • FileMaker Serverの場合、サーバー管理者のアカウント名およびパスワードが必要です。
    (Admin Console にサインインする際のアレです。)


以下、主にFileMaker Server にカスタムApp をアップロードする手順をご紹介します。

FileMaker Pro からサーバーへアップロードする

  1. アップロードするファイルは閉じておきます。
  2. FileMaker Pro 起動して、[ファイル]-[共有設定]-[ホストにアップロード…] を選びます。

  1. [ホストにアップロード]ダイアログで、アップロード先のホストを選択します。
    ダイアログの左パネルには、あらかじめお気に入りに登録したものや、ローカルホストが表示されます。
    新しいホストを指定するには、[ + ] をクリックして入力します。

ホストの追加


  1. ホストを選択した後、ダイアログ右側の[名前]と[パスワード]に、FileMaker Server の管理アカウントを入力して[サインイン]をクリックします。


  1. 認証に成功すると、アップロード先のフォルダとアップロードするファイルを指定する表示に変わります。


  1. アップロード先のフォルダ(Databases)が指定されていますので、必要なら[変更…]ボタンをクリックして変更します。
  2. 画面下部の[参照… ]ボタンをクリックしてアップロードするファイルを選びます。または、ファイルを画面右のパネルにドラッグします。
  3. ファイル選択後、[アップロード]ボタンをクリックするとファイルがアップロードされます。
    [アップロード後に(サーバー上の)データベースを自動的に開く]のチェックが有効になっていると、アップロードされたファイルはすぐに共有を開始します。
  4. [終了]ボタンをクリックしてダイアログを閉じます。



●ホストされているファイルの削除やダウンロード

アップロードは FileMaker Pro から行いますが、ホストされたファイルの削除やダウンロードはできません。
FileMaker Cloud、FileMaker Server のいずれの場合も Admin Console から操作します。


●カスタムAppファイルの暗号化

FileMaker Cloud および FileMaker Server では、ファイルをアップロードするとき、ホストへの接続はSSL を使用して暗号化されます。
FileMaker Cloud では、すべてのカスタム App ファイルを暗号化する必要があります。暗号化されていないファイルは、アップロードするときに自動的に暗号化されます。なお、[ゲスト]やパスワードなしのアカウントが有効になっているファイルはアップロードできません。

共有ファイルにアクセスする

FileMaker Server で共有されているファイルは、次のいずれかの方法でアクセスすることができます。

はじめに、[ ファイル]-[ ホスト]-[ ホストを表示…] メニューを選択します


  • [ ホスト] ダイアログに表示された FileMaker Server で共有されているカスタムAppファイルをダブルクリックする


  • [ ホスト] ダイアログの右上の書類アイコンをクリックして、共有されているカスタムApp のネットワークファイルパスを入力する(目的のファイルのネットワークファイルパスは、管理者に聞いてください)


●共有ファイルへの接続を終わる

カスタムApp のウィンドウを閉じたり、FileMaker Pro を終了することで接続を終わります。



以上、FileMaker Server にアップする基本的な方法を確認いたしました。
FileMaker Server で情報の共有が可能になると、作業効率は格段にアップします。
ぜひ、FileMaker を利用して、現在の業務をシステム化、データベース化してみてください!