FileMaker18で「ファイル操作機能」が追加されました。

お世話になっております。
NK・Customizeの久保でございます。

今回の記事では、FileMaker18にて新たに追加された機能
「ファイル操作」に関して、ご紹介して参ります。

テキストファイルの作成や、削除、名前の変更、
さらには、編集までができるようになりました。

追加された「ファイル操作」は12種類。(内1種類は引数)

今回新たに追加されましたのは、
全部で”12種類”です。(内1種類は引数)

  1. ファイルの存在を取得
  2. ファイルサイズを取得
  3. ファイルの名前変更
  4. ファイルを削除
  5. データファイルを作成
  6. データファイルを開く
  7. データファイルを閉じる
  8. データファイルに書き込む
  9. データファイルの位置を取得
  10. データファイルの位置を設定
  11. データファイルから読み取る
  12. Get (オープンデータファイル情報)

その中でも特に使う頻度が多いものに絞って
ご紹介させて頂きます。

ファイルの名前変更

ソースファイル(対象ファイルの保存先)を参照し、
指定したファイル名に変更することができます。

ファイルを削除

こちらも直接パス(ソースファイル)を指定することで
ステップを実行時にファイルを削除することができます。

データファイルを作成

指定したソースファイル内に、
空のテキストファイルが作成されます。

データファイルに書き込む

こちらは、一度、「データファイルを開く」のステップを実行した後に
動かすことができる処理になります。
使用できる文字コードは以下に限られます。
 ・UTF-8
 ・UTF-16

こちらは、非常に便利になりそうです。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、FileMaker18より新たに追加された
「ファイル操作機能」を一部ご紹介致しました。

これまで複雑なステップを組んで、実装していたような機能も
最低限のステップで実装することができるようになります。

工数もスッキリさせて、少しでも処理速度を早く、
FileMakerのメリットを活かしていきましょう。

この記事がお役に立ちますと幸いです。

関連記事