FileMaker18でエラーログが取れるようになりました。

お世話になっております。
NK・Customizeの久保でございます。

今回の記事では、FileMaker18にて新たに追加されたステップ
「エラーログ設定」に関して、ご紹介して参ります。

これまで、Get(最終エラー)を使うことで直前のエラーは
把握することができていました。
今回追加された「エラーログ設定」を活用することで、
自動的に「ScriptErrors.log」というファイル名で、
エラーログを保存してくれるようになりました。

保存できるエラーログ

「ScriptErrors.log」で保存されるエラーログの内容は、

  • タイムスタンプ
  • セッション番号
  • ファイル名
  • アカウント名
  • エラーが出たスクリプト名
  • エラーが出たスクリプトステップ名と行番号
  • エラーコード
  • カスタムデバッグ情報

エラーログの録り方

エラーログ設定[ オン ; カスタムデバッグ情報: Get(レイアウト名)]

のスクリプトステップを「オン」にするだけ。

エラーログ設定の終了することを忘れないと
ファイルサイズが大きくなっていくので気をつけてください。

まとめ

デバッガの使えないFileMakerGo18でも
エラーの確認ができるようになりますので、
デバッガの代わりとして活用することができると思います。

エラーが把握できないことでお悩みの方に、
この記事がお役に立ちますと幸いです。

関連記事