「Microsoft Security Essentials」は、Windows10で使用できません。

お世話になっております。
N・K・Customizeの久保でございます。

先日、「Windows7」のサポートが終了すると
記事を書かせて頂きました。

こちら、Windows7のサポート終了に伴い、
「Microsoft Security Essentials」は、
Windows10では、使用できなくなります。

「Microsoft Security Essentials」とは

マイクロソフトが開発した無償のウィルス対策・スパイウェア対策ソフトウェアです。

このソフトを使うとウイルス、スパイウェア、およびその他の有害なソフトウェアから、コンピュータをリアルタイムで保護できます。

1日に1回自動的に定義ファイルが更新され、
PC は最新の保護状態に保つことが可能です。

代わりに「Windows Defender」を使いましょう。

「Windows Defender」とは、
Windows8に搭載されているスパイウェア対策・ウィルス対策ソフトです。
※Windows 8/8.1 搭載のバージョンではMicrosoft Security Essentials と統合され、アンチウイルスソフトウェアとしての機能も実装されております。

これまでのWindows7までならDefenderはスパイウェア対策ソフトであり、
ウィルス対策ソフトではございませんでした。

そこで、Microsoft Security Essentialsは、
ウィルス対策及びスパイウェア対策ソフトとして利用できておりました。

但しWindows8以降の「Windows Defender」はウィルス対策・スパイウェア対策ソフトとなっているため、「Windows Defender」で概ね賄えてしまいます。

また、初めからインストールされているため、
特に新規でインストールする必要がございません

これまで、「Microsoft Security Essentials」をお使いになられている方が
いらっしゃいましたら、Windows10ではサポートしていないものの、
「Windows Defender」が標準インストールされておりますので、
気にされる必要はございません。



N・K・Customize:久保

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です