次世代モバイル通信5Gとは?

KK・Customizeの久保です。

皆さん、既に多くの情報が出回っている”5G”をご存知でしょうか。
各キャリアでも2020年を目処に始めようとしている新たな無線移動通信技術
の略称のことです。
少し、噛み砕いていきましょう。

5Gとは?


5Gとは、4Gに続く次世代の無線移動通信技術の略称で、
2020年の実用化に向けて、様々な分野での利用が検討されています。
総務省も、地域課題の解決や産業の振興に役立つ5Gの活用方法を
一般の方々から募集するなど、国を挙げて5G導入に力を入れています。


5Gの主な特徴を3つご紹介致します。

[su_box title=”5Gの主な特徴は3つ!”]
・高速大容量
最大で20Gbps(ギガ・ビット毎秒)もの通信速度を実現する「高速大容量通信」です。インターネットの閲覧や4K、8Kなどの超高画質な動画が現在よりも快適に利用できるようになります。

・低遅延
「ネットワーク遅延」が1000分の1秒以下と非常に小さく、遠距離通信でもずれが生じにくい「低遅延」です
自分の言葉が相手に遅れて届き、相手の返答も遅れて自分に返ってくるために生じる現象です。これが、5Gではこの遅延の短縮が可能になるため、「遠隔医療」や「自動運転」など、精密な動作が求められる分野でも期待されています。

・多接続
1平方キロメートル当たり100万個以上の機器を同時に通信回線に接続できる「多接続」です
ネットワークに接続される機器が増えると、このままでは通信負荷に耐えられなくなってしまいます。そこで、多接続が可能である5Gを活用することで、社会のIoT化がより進展することが期待されています。
[/su_box]


これらの特徴を活用して、「車のカーナビや自動運転」「遠隔操作」など、
これまで実現なし得なかったことが現実となってきました。
システム業界においても、FileMakerは、”iPhone”を使って操作できますが、
通信速度の向上により、クラウド上でのやり取りが今以上にスピーディに
行えることになります。

5Gが本格的に導入される前に、今後のビジネスにどう活かせるか考えていくのもいいかもしれません。

Follow me!