睡眠負債って?睡眠負債について述べます。

お世話になっております。
NK・Customizeの久保でございます。

突然ですが、みなさん、”睡眠”は、しっかりとれておりますか?

平成29年の厚生労働省「国民健康・栄養調査」によると、
20歳以上の平均睡眠時間は6時間未満が約4割だとか。

そんな睡眠不足にも、こんな言葉があります。

睡眠負債

初めて聞く人も多いのではないでしょうか。

睡眠負債とは、読んで字のごとく、睡眠不足が借金のように積み重なり、
あらゆる症状を引き起こす状態のことを言います。

ただ、睡眠負債は、借金のようなものなので、
無くすこともできます。

今回は、そんな睡眠負債について述べていきたいと思います。

意外にも週末の寝溜めが大事。

一般的には、一日の睡眠時間が、7時間を切ると、
睡眠負債が発生すると言われております。

早く返せば問題はないですが、なかなかそうも上手くいかないと思います。

大体の方々が、月曜から金曜まで頑張って土日にお昼まで寝ようという方が
多いのではないでしょうか。
意外にも、週末の寝だめは大切です。

しかし、何事においても限度はあり、
”正午”を超えての睡眠はかえって悪いです。

その日の夜は目が冴えわたってしまい、寝られなくなってしまいます。
昼夜逆転の状態が生まれてしまい、人工時差ボケをおこしてしまいます。

土日は、極力午前中に予定を入れないようにして、
正午までの睡眠で平日の睡眠負債をその週に完済するように心がけましょう!

月曜日を睡眠負債がない状態だと
体も心もすっきりとした状態で迎えることができます。

睡眠時間を確保できない方は、良質な睡眠を。

人によっては、どうしても睡眠時間を確保できず、
睡眠負債が溜まっていく方もいらっしゃると思います。

そんな方は、寝る前に湯船に浸かって体を癒したり、
自分の体にあった枕を使うなど、

”良質”な睡眠を確保することを心がけてみてください。

体あっての仕事ですので、皆様も”睡眠”から改善して
体調にお気をつけくださいませ。


NK・Customize:久保

関連記事