第4話 レイアウト切り替えボタン

エヌ・ケイ・カスタマイズの福山でございます。今回は、FileMakerの色々なレイアウトへ画面を切り替えるためのボタン作成について、基本的な方法の一つをご紹介したいと思います。
レイアウトモードにすると画面上にステータスツールバーというエリアが表示されます。そのステータスツールバーの中から『OK』というボタンのアイコンをクリックします。クリックしてからカーソルをコンテンツエリアにもっていくとカーソルが矢印から+に変わっています。ボタンを置きたいところでドラッグして□を描画して手を放すとボタン設定ダイアログが開きます。

ステータスツールバーのボタンアイコン

ボタンとなる□を描画して手を放すとボタン設定ダイアログが表示されます。

この下の『処理:』の下に『何もしない』というところがあります。ここをクリックしてプルダウンで『単一ステップ』を選択します。

このボタンに動作を割り当てるための『ボタン処理』ダイアログが表示されます。右側のエリアにいろいろな処理の項目がありますが、その中から『レイアウト切り替え』をダブルクリックすると左側のエリアにこのステップが表示されます。

『元のレイアウト』のところをクリックして『レイアウト…』を選択します。

『レイアウトの指定』ダイアログが表示されるので切り替え先のレイアウトを選択して『OK』を押します。

ボタンに名前を割り当てます。『ボタン設定』ダイアログの『処理:』の上にある空欄にボタンの名前(ここでは『詳細』とします)を入力して左上の『✖️』をクリックしてダイアログを閉じます。

ボタンの出来あがりです。

いかがでしたか?今回は『単一ステップ』という簡単な方法でレイアウトを切り替えるボタンを作成しましたが、他にも方法はたくさんあります。こんな一つの動きに対して色々な方法があるのもFileMakerの面白いところではないかと思います。また、ボタンのデザインも工夫すれば色々なものに変更出来ますので、様々な用途に合わせたデザインに変えるのも楽しいですよ。
今回はレイアウト切り替えのためのボタン作成についてお話させていただきました。
また次回もよろしくお願いします。

麺や 久二郎さん
鹿児島中央駅から徒歩7分ほど
このボリュームで780円

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です