Claris FileMaker 19 ~豆知識編その2~

お世話になっております。
株式会社エヌ・ケイ・カスタマイズの久保でございます。

先日、FileMaker19での豆知識を記事に書かせて頂きました。
Claris FileMaker Server 19 では、「合計ページの表示が楽に」~豆知識編~

今回は、その第2弾として、新たに書かせて頂きます。
既にお気づきの開発者様もいらっしゃることと思いますが、
知らなかった!という方はぜひ、この記事を参考にして頂けますと幸いです。

指数表記が設定できるようになりました。

FileMaker19では、新たに「指数表記」を設定することが、できるようになりました。
指数表記というのは、簡単に申し上げますと、
”桁数が大きい数字や細かな数字を表現する時に利用する表記方法”の1つです。

レイアウトモードに切り替え、インスペクタの「データの書式設定」にて設定が可能です。
オプションで「少数点以下の桁数」を指定することができます。

FileMaker18以前まででも、書式「一般」設定の数字フィールドは、
値が10桁以上だと指数表記で表示されておりました。

「各種レイアウト」を早く切り替えるためのショートカットキーが誕生しました。

ショートカットキーを活用することで、レイアウトを検索し、
切り替えることができるようになりました。
(レイアウトモード時のみのようです)

macOS :⌘+option+K
Windows :Ctrl + Alt + K

ショートカットキーを押すと
「Open Quickly」という検索ウィンドウが出てきます。

移動したいレイアウトを検索すると、
値一覧のように表示され、選択したレイアウトに切り替わります。

レイアウト数が多い案件などは非常に重宝するのではないかと思います。

以上でございます。

あまり大きな内容ではございませんが、
覚えておくとFileMaker19をより有効的に活用できるかと思います。

少しでも開発者様のお役に立てますと幸いです。

Follow me!