HTML5でアプリ開発。ハイブリッドアプリについて

お世話になっております。
KK・Customizeの久保です。

みなさま、大型連休、いかがお過ごしでしょうか。
お仕事の方、自分に充てる時間、家族と過ごす時間、
体調にだけはお気をつけくださいませ。

今回は、私自身、興味を持っている
開発ソフトについて、簡単に記載させて頂きます。

ハイブリッドアプリとは

まずハイブリッドアプリとは、HTMLやCSS、Javascriptなど
Webサイトを制作する技術で作成したiOSやAndroidのアプリのことです。
iOSやAndroidアプリを作成するためにはSwiftやJavaなど、OSごとに特定の言語を用いて作られるのが一般的ではあるのですが、ハイブリッドアプリの場合はHTMLやCSS,JavaScriptで1つのアプリを作成すれば、それぞれのOSで動作するアプリを作成することができます。

ハイブリッドアプリにはメリットもあれば、もちろんデメリットもあります。

ハイブリッドアプリのメリット

[su_highlight]コストを抑えて開発が可能[/su_highlight]
本来、iOSとAndroidでは別々にアプリを開発する必要があるのですが、
ハイブリッドアプリでは一つの開発で、両方動かすことができます。
この段階で、コストは半分ということになります。
また、アプリ開発では特有の開発技術が必要な分、開発費用が高いですが、
ハイブリッドアプリの場合、HTMLやCSS等で開発ができるので、
その分、低くなります。

[su_highlight]メンテナンスしやすい[/su_highlight]
これも上述と似ていますが、iOSとAndroidではOSのアップデートがあります。
その度に、アプリ自体の更新が必要になりますが、一つのアプリを
アップデートするだけで、更新が可能になります。

ハイブリッドアプリのデメリット

[su_highlight]動作上の問題[/su_highlight]
本来、iOSとAndroidでは別々にアプリを開発する必要と述べさせて頂きましたが、別々で開発している分、それぞれに合わせた動作性を実現できます。
ハイブリッドアプリの場合、一つのアプリで動かせる分、動作性に制限が
かかってしまいます。

[su_highlight]フレームワークへの依存[/su_highlight]
ハイブリッドアプリは、フレームワーク(開発ソフト)に依存してしまうため、
フレームワークに合わせて開発が必要であったり、制限がございます。
また、フレームワークの廃止で、アップデートが行えなくなってしまいます。

いかがでしたでしょうか。
ここ近年で、HTML5を用いたアプリが多く存在しております。
実際に初めていくには、まだまだ調べることが多いですが、
今回の記事で、興味をお持ちいただけたら幸いでございます。

関連記事