SEO対策 中級編①~ロングテールSEO~

KK・Customizeの久保です。

前回、別記事にてSEO対策の基本を簡単に紹介させて頂きました。
 →その際の記事はこちら
※ちなみにですが、上記のように本サイト内の別ページを行き交うことを
「内部リンク」と言います。これも立派なSEO対策です。
また別記事で、「被リンク」「内部リンク」についてお話します。

今回は、”検索”というテーマを元に「ロングテールSEO」を紹介致します。

ロングテールSEOとは?

ロングテールSEOとは、簡単にいうと、細かいキーワードのことです。
一般的には、検索されるキーワードの80%はロングテールキーワードと言われています。

 ・ビッグキーワード:英会話
 ・ロングテールキーワード:英会話 安い

こんな感じになります。
みなさま、ほとんどがロングテールキーワードから検索をするのでは
ないのでしょうか?

ロングテールSEOは結果が出るの?

みなさんがご存知のAmazonは、ロングテールキーワードで
大成功したと言われています。
買いたい本や買いたい物を検索すると、だいたいAmazonが出ると思います。
つまりそれは結果が出ていることになります。

しかし、基本的に、ロングテールキーワードは、
コンバーション率(成約率)は高く、訪問者数は少ないです。
検索キーワードが増えるたびに、到達先が狭くなってくるイメージで、
その先で見つかったわけですので、成約率は高いと言った流れです。

ロングテールキーワードの選定方法

この作業は、根気が必要な作業になります。
キーワードプランナーと言ったツールをうまく活用して、
キーワードのパターン化を行います。
どの言葉とどの言葉が組み合わされて検索されているのか
根気よく探していく作業が必要になります。

以上が、ロングテールSEOになります。
結論、ロングテールキーワード全て狙うべきではありますが、
ご自身のサイトに見合ったロングテールキーワードを見つけ、
根気よくSEOしていきましょう!

関連記事